home

奈良特許事務所(大阪市・天満橋)

意匠登録サポート

意匠登録とは

意匠登録とは

意匠登録とは、商品・製品のデザインを守るためのものです。

特許庁に意匠登録を出願して認められることで、他人が勝手にそのデザインを使用することができなくなります。

意匠権の存続期間は、登録日から20年で、この間、大切な商品・製品の外観・形状の模倣を防ぎ、正当な権利を得ることができるようになります。

意匠登録のメリット

無断使用が防止できる

意匠登録することで、他人が勝手にそのデザインを使用することができなくなります。

これにより、無断使用が防止できます。

万が一、デザインを模倣された場合でも、意匠登録しておくことで、販売差し止めや損害賠償請求などの、法的手段を行使することが可能となります。

他社の意匠登録が防止できる

意匠登録していないと、他人にデザインを真似され、意匠登録された場合には、「自社が先にデザインを開発していた」と証明するのは困難になります。

しかし、意匠登録しておけば、他人に意匠登録される心配はなくなり、デザインの権利を安全に守ることができるようになります。

ビジネスチャンスの拡大に繋がる

デザインを意匠登録しておくことで、自社で商品化しつつ、他社ともライセンス契約をして使用料を得るなど、ビジネスチャンスを拡大させることが可能となります。

自社の商品・製品の信頼性が向上

意匠登録することは、自社の商品・製品の信頼性の向上に繋がります。

大企業と取引する場合、意匠登録の有無を確認されるケースがありますが、これは、その商品・製品が他人の意匠権を侵害していた場合のリスクを回避するためです。

この時、意匠登録していると、取引先も安心して商品・製品を取り扱うことができるようになります。

事務所からのお知らせ

商標登録ガイド

facebook

top